放課後の子供の預け先で迷った時は民間学童保育を利用しよう

SITEMAP
放課後の子供の預け先で迷った時は民間学童保育を利用しよう

都市部で注目されている民間学童保育のメリット

ヘルメットをした子供

共働き世帯で、子供が小学校に入学すると放課後の時間をどうすれば良いのかという問題に直面します。公営学童保育があるから安心というわけにはいかないのは、申込希望者が都市部では殺到しており、誰もが気軽に利用できる状態ではないためです。希望してもすぐに入れない時に、その間、お子さんが放課後に安心して過ごせるところを探さなくてはなりません。
このような場合には、民間学童保育も選択肢に入れてみることも考えてみましょう。公営学童保育よりも希望者が殺到するわけでもないので、入りやすさがあります。また、教育面が充実しているため、放課後の時間をより有意義に過ごせる環境です。もし保護者が19時以降のお迎えが急に無理になった場合でも、19時以降でも預かってくれるところもあります。公営学童保育に比べると手厚いサービスがあるのがメリットです。それだけに、料金が30,000~50,000円ほどかかることも把握しておかなくてはなりません。
しかし、公営学童保育に空きがない場合には民間学童保育なら入りやすいため、料金が割高になってもお子さんの安全には代えられないということで利用する方もいます。地方では、気軽に放課後は公営学童保育へ行くのが当たり前の環境ですが、都市部では簡単に公営学童保育に通えないケースもあるため現在では民間学童保育への注目度も高まって来ているわけです。

民間学童保育は料金が高い分サービスが非常に手厚い

学童保育には、公営と民間の施設があります。公営学童保育は、自治体やNPOによる運営なのでひと月の料金は、3,000~7,000円程度です。一方、民間学童保育は民間が運営しているため、料金はひと月に30,000~50,000円と割高になっています。なぜ、このように料金に差が出てしまうのでしょうか。
民間学童保育は、公営学童保育に比べるとサービスが手厚く教育や体験のプログラムも豊富です。また、スタッフがきめ細かく子供をサポートできるため行き届いています。公営学童保育は、国の助成金を受けられないためどうしても経営を成り立たせるために、お伝えした料金にせざるを得ない事情もあるわけです。民間学童保育によっては、教育のサポートが充実しており、塾と同等の学習が施設内で受けられるところもあります。そうすると、講師陣も増えるため自ずと人件費も上がって来るので、利用の料金は上がる傾向が見られるわけです。
学童保育を選ぶ際に、料金の安さを重視したいなら公営が断然おすすめです。低く抑えられているものの、自治体によってはさらに減免制度を設けているところもあるので条件を満たす世帯の場合には申請してみましょう。より教育のサポートをしっかり受けさせたい希望がある方、塾へ通うのと同じ学習を受けさせたい方などは、サービスが豊富な民間学童保育がおすすめです。ただし、料金の違いをよく理解した上で検討するようにしましょう。

民間学童保育を決める前に1日体験をしてみよう

民間学童保育を利用する時、教育や体験学習を始め、生活の場などさまざまな視点で特徴があるので選ぶ際にはいろいろと悩んでしまうものでしょう。民間学童保育を決める際には、まず親御さんの希望と時間、予算などから絞り込んで行くものですが実際に利用するお子さんがどれだけ気に入るかが重要な点です。せっかく申し込んだ民間学童保育があまり好きではなかったとなってしまうといくら教育のサポートが充実していても、続かなくなる可能性だってあります。
お子さん本人も、民間学童保育がどのようなところだろうかと期待や緊張も持つものでしょう。そのような時には、便利な1日体験を申し込んでみませんか。どのような過ごし方をするのかを体験できるので、安心感が得られます。友達と一緒に申し込めるので、より不安なく利用できます。しかも、体験は一回だけではなく何度か利用できるので、充分気に入るものかどうかを確かめられるので安心です。
親御さんにとっても、お子さんが利用した話や感想を聞いてから満足の行く民間学童保育なら、決め手となるでしょう。放課後の大事な時間を過ごす大切な場所だけに、入念に確めた上での申込が大事です。体験のできる民間学童保育から探してみると、内容と想像が違っていたということもありません。

体験のできる民間学童保育は色々とありますが、その中でもおすすめなのは『ウィズダムアカデミー』です。習い事数が非常に多く、お子様の好奇心や能力を伸ばす保育環境が整っています。気になる方は体験会の三かから始めてみてはいかがでしょうか。

イチオシ記事

  • 安心で安全な環境で利用できる民間学童保育の特徴

    安心で安全な民間学童保育なら、お子さんを預けるにも心配がありません。いろいろな特徴がある民間学童保育ですが、安心で安全なのは以下のような点が充実しているからです。選ぶ際には、ぜひ参考にしてみてく…

    MORE
  • 民間学童保育は教育のサポートがしっかりしている

    学童保育を探す時、公立と民間でどちらを選ぶのか考えるでしょう。両者にメリットはありますが、教育を重視するなら民間学童保育を選ぶ方がおすすめです。民間学童保育によっては、体育や礼節を学べるところ、…

    MORE
  • 民間学童保育を利用する際にチェックするポイント

    子どもを民間学童保育に預ける場合、まずは施設探しから始めることになります。預ける施設を決める際に、チェックしておくと良いポイントをいくつか挙げてみたいと思います。まずは利用できる時間帯です。民間…

    MORE
  • 民間学童保育の選び方を二つ紹介

    仕事などで帰宅が遅くなる時に、子どもを預かってくれる学童保育があると安心です。民間学童保育は色々なスタイルがあり、どの施設を選んでいいか迷うこともあるかもしれません。今回は子どもに合った学童保育…

    MORE